f:id:munosan:20150215210358j:plainf:id:munosan:20150215210416j:plain

 『二十一世紀に生きる君たちへ』の扉に所収されている。

 推敲に推敲を重ねた原稿だそうだ。

 「長編小説を書くほどエネルギーがありました」と編集者に語ったという。

 幾重にも重ねて想いを書いている。熱意だ。

 呼びかけの呼称を「諸君」から「君たち」に替えた。

 この原稿を読める文選工ではなく、写植工さんは素晴らしい。

 それにして、こうした手書き原稿は、いつの時代まで読むことができるだろう。